サーバーエンジニアの平均年収は?給料アップの方法や転職事例を解説

最終更新日 :2023.11.28

サーバーエンジニアの平均年収は?給料アップの方法や転職事例を解説

サーバーエンジニアとして働いている方の中には「エンジニアって稼げるって聞いていたけど、そんなに稼いでいる実感無いな」と感じる方もいるのではないでしょうか? 景気が芳しくない現代だからこそ「自分の年収がこのまま上がらなかったら……?」と不安に感じるのは当然のことだと思います。

そこで今回は「サーバーエンジニア」にフォーカスして、現在のサーバーエンジニアの平均年収や、年収を上げる方法、実際に転職で年収アップを実現した事例を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の監修者
監修者の辻 秀敏

辻 秀敏キャリアアドバイザー部 課長

前職では携帯電話販売、店舗責任者を経験。自身の転職活動の経験から、そのサポートをしていきたいと考えtype転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転職。現在はIT領域での転職支援を行っている。 監修者プロフィールを詳しく見る >>

サーバーエンジニアの平均年収は?

サーバーエンジニアの平均年収-type転職エージェント

厚生労働省の職業情報サイト「job tag」によれば、サーバーエンジニアを含めたシステム基盤を扱うシステムエンジニアの平均年収は660万円です。国税庁が2023年9月に発表した「令和4年分民間給与実態統計調査」によれば、国民の平均年収は約458万円(男性:約563万円、女性:約314万円)のため、サーバーエンジニアの平均年収は全体の平均よりも約202万円高いことが分かりました。

サーバーエンジニアの年齢別平均年収

次に年齢別の平均年収を見てみます。

年齢 平均年収
20歳以上24歳以下 約376万円
25歳以上29歳以下 約514万円
30歳以上34歳以下 約647万円
35歳以上39歳以下 約730万円
40歳以上44歳以下 約738万円
45歳以上49歳以下 約759万円
50歳以上54歳以下 約735万円
55歳以上59歳以下 約690万円
60歳以上64歳以下 約703万円

出典元:職業情報提供サイト job tag

20代前半は約376万円と国民平均年収よりも低い水準ですが、20代後半から一気に平均よりも高い年収になっています。60歳以上64歳以下の平均年収も約703万円となっており、経験を積んでいけば、高い年収を得られる可能性があります。

サーバーエンジニアが年収をアップさせる方法

IT人材不足や、世の中のITニーズの高まりに伴って、サーバーエンジニアは生涯で安定した高い年収を得られているのが現状です。とはいえ、全てのサーバーエンジニアが上記で挙げたような年収を得られるわけではありません。実際この記事を読んで「平均と比べたら自分の年収って大分低いな」と感じた方もいるのではないでしょうか。

いくら売り手市場とはいえ、全員一律で年収を上げてくれる企業は少ないです。年功序列制度を採用している企業が減っていく中で、高い技術力やスキルを持ち合わせていなければ年収をアップさせるのは難しいでしょう。では、一体どうすれば年収を上げられるのでしょうか?ここからは、サーバーエンジニアの年収アップ方法を紹介します。

昇進・昇格をする

プロジェクトマネージャーとITスペシャリストの平均年収-type転職エージェント

今の会社で年収アップを目指すのであれば「昇進・昇格」が一番です。サーバーエンジニアの主なキャリアパスは「プロジェクトマネージャー」「ITスペシャリスト」の2つになります。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、開発プロジェクトの進行やコストなどの管理を行い、プロジェクト全体のマネジメントを担当する役職です。経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、プロジェクトマネージャーの平均年収は約891万円です。プロジェクトの成功は企業の売り上げに直結するため、その指揮を取るプロジェクトマネージャーは責任も大きいですが、その分給与も高いと言われています。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体の統括を行うために、一定以上の開発経験が必要であったり、プロジェクトに関係する人との折衝も担当するなど高いコミュニケーション能力も問われます。「マネジメントに興味がある」「専門性だけでなく、マルチスキルを発揮したい」という志向をお持ちの方におすすめです。

プロジェクトマネージャーについて詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事:プロジェクトマネージャーになるには?向いている人の特徴や、転職がおすすめなケースを解説

ITスペシャリスト

ITスペシャリストとは、経済産業省が定めたITスキル標準(ITSS)のレベル3以上を保有する、専門分野で高いITスキルを保有するエンジニアを指します。前述したプロジェクトマネージャーがプロジェクト全体のマネジメントを行うのに対し、ITスペシャリストはプロジェクトの工程で自分が専門とする分野をサポートします。

経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、ITスペシャリストの平均年収は約842万円です。ITSSのレベル毎の年収は下記になります。

スキル標準レベル別の年収の平均-type転職エージェント

上記の図から、スキル標準レベルと年収には相関性があることが分かります。つまり、スキルを磨いていけば、年収1,000万円も夢ではありません。ITスペシャリストについて詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事:ITスペシャリストとは?仕事内容や向いている人、必要な資格を解説

サーバーエンジニアの経験を活かしてジョブチェンジする

サーバーエンジニアの経験を活かした、ジョブチェンジで年収をアップさせる方法もあります。ジョブチェンジにおすすめな仕事として「ITコンサルタント」や「ITアーキテクト」、「プリセールス」などがあります。それぞれ提案のタイミングや、仕事内容などは異なりますが、エンジニアで培った技術力をもとに、顧客や社内の関係部署への提案を行うという点では共通しています。

売り上げにも大きく影響するポジションのため、成果を出せば高い報酬を得られるのがメリットです。「手を動かす仕事だけでなく、対人コミュニケーションの仕事もしてみたい」といった志向をお持ちの方におすすめです。興味がある方は、現職でこれらのポジションがあるかどうか確認をし、もし無かった場合は転職を検討してもよいかもしれません。

関連記事:ITコンサルタントとは?仕事内容・資格について解説

関連記事:プリセールスってどんな仕事?役割や業務内容、転職成功のポイントを解説

サーバーエンジニアとして給与水準の高い会社に転職する

サーバーエンジニアとして年収アップを狙いたい場合は、給与水準の高い会社への転職を目指しましょう。

その際は「求人票の想定年収だけで判断しない」ということに気を付ける必要があります。例えば、求人票では現在よりも高い年収だったとしても、昇給機会や昇進のチャンスが少なければ長い目で見ると得られる給与は転職前と変わらなかったり、むしろ下がってしまったりなんて恐れも。

このような事態を避けるために、求人選定の段階でその企業の評価制度や、年収のロールモデルなどを知っておくと良いでしょう。

このような詳細な情報は求人票では得られない可能性もあるので、求人について良く知っている転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。type転職エージェントでは、IT業界の求人を多数取り揃えており、経歴やキャリアをもとに最適な求人を紹介してくれます。

>>年収600万円以上×サーバーエンジニアの求人特集はこちら

サーバーエンジニアの転職事例

ここからは、type転職エージェントを利用したサーバーエンジニアの中で、どのくらいの求職者が年収アップを実現できたか、実際の転職事例などを紹介していきます。

サーバーエンジニアの転職で年収アップした人の割合

転職で年収アップしたサーバーエンジニアの割合-type転職エージェント

type転職エージェントを利用したサーバーエンジニア転職者の平均年収について調査をしたところ、転職後に年収アップをした人の割合は約80%でした。全体の平均年収も約70万円アップしており、転職をきっかけに年収アップできる可能性が高いことが分かります。

年収を上げるためには、面接時の評価を高く得ることが重要です。type転職エージェントであれば、面接前に面接対策を実施可能なため、企業の求めている人材像をイメージし、面接に挑めます。そうすることにより、企業からの評価も上がり現年収よりも高い年収提示をいただける可能性があります。

ご自身一人での活動では、面接の準備も苦戦するとおっしゃる方も多いため、ぜひ頼ってくださいね。

サーバーエンジニアの「年収アップ転職」成功事例

まとめ

サーバーエンジニアの年収は約660万円と、国民平均よりも高い水準です。もし、ご自身の年収が平均年収に届いていない場合は、スキルが足りていなかったり、会社の給与水準が低いなどの要因があるかもしれません。その際は要因を把握し、今回紹介した年収アップの方法を実践してみてくださいね。

「転職について相談したい」「年収が高くて自分にマッチした求人を紹介してほしい」という方は、ぜひtype転職エージェントに相談してみてくださいね。

関連記事:type転職エージェントとは

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

同じジャンルの転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
転職そのあとLABO
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
求人を探す
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

無料キャリアアドバイザーに相談する