転職エージェントに連絡する際のポイント

転職エージェントとの電話やメールのやりとり

転職エージェントを利用すると、面接日程の調整や求人に関する情報提供など、さまざまなタイミングで担当のキャリアアドバイザーと連絡を取り合うことになります。転職活動をスムーズに進めるためにも、お互いにコミュニケーションを取りやすくすることが大切です。

現職の仕事をしながら転職活動をする場合は、仕事中に転職エージェントから電話がかかってきてもなかなか出ることができません。あらかじめ電話対応が可能な時間帯を伝えておくとよいでしょう。

また転職エージェントと連絡をする際は、現職の仕事で使っているメールアドレスは使用しないでください。会社から与えられたアドレスはあくまで業務上のもので、転職活動という個人的な目的のために使うのは避けるべきです。また会社で同僚のメールを見られてしまい、転職活動をしていることを周囲に知られてしまうといったトラブルも考えられます。転職エージェントと連絡する際は、仕事とは別のメールアドレスを使うようにしましょう。

転職エージェントに電話をかけるタイミング

転職エージェントとの電話やメールのやりとり

面接を前日や当日にキャンセルしたい、内定を辞退したいといった急を要する連絡は、メールではなく電話で連絡するのが大原則です。また転職エージェントから電話がかかってくるときも、緊急の用件である場合が多くなります。もし電話に出られなくても、留守電にメッセージが残っていたら、すぐに折り返してください。

また転職エージェントも一企業であり、業務時間が決まっていますので、電話は業務時間内にかけるようにしましょう。

転職エージェントにメールを送るタイミング

転職エージェントとの電話やメールのやりとり

転職エージェントとメールでやりとりする際も、用件によっては急ぎの返信が求められる場合があります。特に面接日程の問い合わせには、できるだけ早く返信しましょう。メールを送ってきた直接の相手は転職エージェントでも、その先では企業の担当者が返事を待っています。あまりに返信が遅いと、転職の意欲が低いと見なされるリスクがあるので注意が必要です。

メールの内容によっては、いつまでに返信して欲しいか記載されていることもあります。期限が明記されているのは、それまでに返信がないとその後のプロセスに支障があるという意味です。その場合は必ず期限までに返信しましょう。

転職エージェントへのメールの書き方

転職エージェントとの電話やメールのやりとり

転職エージェントへメールを送る時は、一般的なビジネスメールのマナーやルールに沿って書けば問題ありません。

大事なのは、相手にとってわかりやすいメールを意識すること。「宛名」「件名」「本文」の内容を統一するのはもちろんのこと、文章は要点を絞って端的にまとめるよう心がけます。長すぎるメールは相手が読むのに時間がかかる上、ポイントがはっきりせず意図が伝わりにくくなります。

また面接日程の問い合わせに対しては、できるだけ複数の候補日時を返信すると、企業の採用担当者がスケジュールを調整しやすくなります。文面だけでなく、メールの内容も相手の立場に配慮して書くようにしましょう。

type転職エージェントについて

>type転職エージェントについて

type転職エージェントでは、電話やメールはもちろん、LINEで担当のキャリアアドバイザーと連絡を取ることができます。チャット機能を備えたLINE WORKSも導入し、仕事の合間や移動時間などの隙間時間でもやりとりができるので、キャリアアドバイザーもそのメッセージを受けて迅速に対応することができます。またメールのように形式的な挨拶文が不要なため、より気軽にコミュニケーションできるのがメリットです。

求人情報は水物と言われるほど変化が速いので、内定獲得のチャンスを逃さないためには、キャリアアドバイザーとスピーディなやりとりをすることが重要です。type転職エージェントなら、リアルタイムで最新の情報を共有し、転職活動を円滑に進めていくことができるでしょう。

転職エージェントサービスをもっと知る

セミナー・相談会・イベントを探す

一覧を見る
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料