転職エージェントに年収交渉の依頼はできる?

転職エージェントの年収交渉

転職エージェントに依頼すれば、本人に代わって企業と年収交渉をしてくれます。採用される立場の転職者からは、条件面について自分の希望を伝えにくいもの。転職者が自力で行うのはハードルが高い年収交渉を代行してもらえるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

転職エージェントに依頼すると、企業との交渉をより円滑に進められます。その理由は、企業の採用動向や給与体系などに詳しいプロのキャリアアドバイザーが交渉の窓口になるからです。過去の採用実績から見てどの程度の金額なら交渉が可能か、そもそも年収交渉に応じるつもりがあるのかなど、企業側の温度感を把握しながら話を進めるので、交渉が決裂するリスクを避けられます。

採用側の事情を知らない転職者が直接交渉すると、企業が検討できる上限を超えた金額を提示してしまい、それが原因で内定取り消しになるケースも考えられます。こうしたトラブルを避けるためにも、年収交渉は転職エージェントに依頼すると安心です。

年収交渉のポイント・事前に準備しておくこと

転職エージェントの年収交渉

まずは前年の源泉徴収票を確認し、自分の年収を正しく把握しましょう。「年収」とは、所得税や住民税、健康保険料や厚生年金保険料などが差し引かれる前の金額を指します。会社員の場合、こうした税金や各種保険料は自動的に天引きされるため、給与の手取り額は知っていても、年収は知らないという人が少なくありません。源泉徴収票の「支払金額」の欄に年収の額面が記載されているので、転職エージェントにはその金額を伝えてください。キャリアアドバイザーはそれをもとに企業との年収交渉を行います。

年収交渉は内定が出てから行うのではなく、事前に希望の年収とその理由を企業に伝えておくのが望ましいでしょう。書類選考や面接の段階で、キャリアアドバイザーが本人の希望年収を企業に伝えます。企業はその情報を把握した上で選考を行い、希望年収に見合う実績や能力を持つと判断したら内定を出すという流れが双方にとって最もスムーズです。つまり“年収交渉”といっても、実際は交渉が必要ない状態を作っておくのがベストということ。そのためにも、年収について要望があるなら、遠慮せず早い段階でキャリアアドバイザーに伝えてください。

ただし、すべてのケースで希望の年収が叶うわけではありません。転職者が現職で成果を上げていて、転職後もその実績を再現できる見込みがあると判断した場合に、企業は自社の評価基準に則って内定時に提示する年収を決定します。よって未経験分野への転職を希望する人は、入社時から現職と同等以上の成果を出せる確率が低くなるため、内定獲得と年収アップを同時に実現するのは難しくなります。

また日本企業の多くは人事制度の中で給与が決まる仕組みになっているため、個別に年収を決定するケースは少ないのが現状です。日本では欧米のように成果の出せない人材をすぐに解雇できる法制度や組織風土がないため、企業は転職者に対して入社時から高い年収を提示するのはリスクが高いと考える傾向もあります。年収交渉を依頼する際は、前提としてこうした背景を理解しておく必要があるでしょう。

type転職エージェントの年収交渉

転職エージェントの年収交渉

先ほども説明した通り、内定後の年収交渉が必要ない状態を作るのが理想です。type転職エージェントでは、内定後に交渉しなくても希望の年収を叶えられるよう、さまざまなサポートを行っています。

まずはキャリアカウンセリングで本人の経歴や強み、希望する条件などについて丁寧にヒアリングします。そして希望の年収に見合う強みを持った人物であることを印象づけるため、企業に推薦状を提出します。さらには面接の場で本人が自分の強みを最大限にアピールできるように、キャリアアドバイザーと一緒に志望動機や自己PRを作成したり、本番を想定した模擬面接を実施したりと、手厚い面接対策を行っています。

またtype転職エージェントでは、日頃からキャリアアドバイザーが企業の担当者と信頼関係を築いているため、年収はもちろん、入社日などその他の条件についても交渉できます。年収にこだわって転職活動をしたい人は、type転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料