転職エージェントの面談について

面談の目的は、あなたの現状と希望をしっかりと把握すること

思い描いているキャリアプランや会社選びの方向性が適切なのかを客観的に整理し、目指すキャリアが実現できる会社を選ぶことは、転職活動を行う上でもっとも大切です。

なぜなら、転職活動に失敗してしまうケースの多くは、この「転職で叶えたいことと転職先企業のミスマッチ」によるものだからです。

キャリアアドバイザーは面談を通じて、プロの視点から「あなたが転職で何を実現したいか」を確認し、転職に対する考えや気持ちをしっかり理解した上で、ご希望に合った適切な求人をご提案いたします。

転職エージェントサービスのご紹介

面談にあたって知っておいていただきたいこと

あなたの考えや迷っていること、悩んでいることなどをありのままにお話しください

転職エージェントでの面談(キャリアカウンセリング)は、「面接」ではありません。あなたの状況を正確に理解することで、現在のお仕事では叶えられない問題や悩みを解決するため、転職先を一緒にお探ししたり、面接に受かるためのアドバイスさせていただいたりすることが私たち転職エージェントの役割です。

面談はあなたの現状を理解するための大切な場です。あなたからお聞きしたことをすべて企業に伝えるわけではありませんので、「こんなことを言ったら面接で不利になるだろうか」などと遠慮したり、自分を飾ったりすることなく、あなたの状況や正直な気持ちをお話しください。

転職エージェントサービスのご紹介

面談でキャリアアドバイザーに相談すること

面談で「何を話したらいいのか」、「どこまで話せばいいのか」わからないという方もいらっしゃいます。”初めての転職”、”アピールすることがない”、”転職回数が多い”など、状況別でキャリアアドバイザーに相談するとよいことをご紹介します。

転職エージェントとの面談内容の詳細を見る

初めての転職の場合

初めて転職される方には、キャリアアドバイザーから「転職活動全体の流れ」「転職の市況感」「転職のメリット・デメリット」など転職全般の情報をお伝えし、"インプット"の時間も十分に設けておりますのでご安心ください。転職のデメリットもあえてお伝えするのは、メリット・デメリットをわかった上で選考に進んでいただきたいからです。

また、面談でぜひお話しいただきたいことは「転職の理由」です。選考を通過するうえでも転職理由という軸は重要ですから、面談までに「なぜ転職したいのか」を整理しておきましょう。

転職回数が多い、在籍期間が短い場合

職歴が多い場合や在籍期間が短い場合など、すべて口頭で説明しようとすると大変ですから、事前に職務経歴書に記載いただくとスムーズです。また、選考に進んだ後に職務経歴書に記載のない経歴が発覚すると「経歴詐称と判断され、選考でお断りになる」「入社後に解雇の原因となる」可能性が高いです。入社後に保険の手続きなどからわかる場合もあるので、ご自身のためにも面談ではご経歴を正確にお教えください。

転職理由が言いにくい場合

転職の理由は前向きなものだけではありません。「残業が多かった」「リストラされた」「家庭の都合」「人間関係が上手くいかなかった」などさまざまです。ネガティブなことでも率直にお話しください。ですが、どうしても言いにくいこともあるかと思います。その点については無理にアドバイザーから伺いませんので、ご安心ください。

アピールすることがない、実績がない場合

実績やアピールすることがないと転職できないのでは、とお悩みの方もお気軽にご相談ください。ご自身では気付きづらいですが、日々当たり前の行動の中で強みを培っているケースが多くあります。皆さんのご経歴をお伺いしていくなかで「数値で示せる実績はないか?」「そのアピールポイントは応募求人に活かせる経験か?」「アピールできる汎用的なビジネススキルはないか?」といったことをキャリアアドバイザーが客観的に見つけ出し、アドバイスいたします。ぜひ、キャリアや強みの棚卸しの場として面談をご活用いただければと思います。

転職しようか悩んでいる場合

転職をしようか悩んでいても全く問題ありません。転職を前提にお考えの方に対しても、今の会社に残る可能性を一緒に考えることもあります。同じ悩みをお持ちの方がどのようなキャリアを築いているのか、事例を用いてアドバイスをしております。転職したいけど具体的な希望が決まっていない場合も同様です。現職を辞める理由や転職市場の動向から一緒に決めたり、求人を見ながらご自身の優先順位を検討いただいたり、活動しながら固めていきましょう。

すでに転職活動をしている

自己応募、他のエージェントを利用しているなどすでに転職活動をしている場合も、気にせずその旨を伝えてください。ご自身がどういう活動状況なのか、何にお困りなのか教えていただくことで、より良いサポートやご提案が可能になります。

面談における注意点

あなたの考えや迷っていること、悩んでいることなどをありのままにお話しください。

キャリアアドバイザーは、企業とあなたを最適にマッチングするために、「企業へご紹介して大丈夫そうか?」「面接通過できそうか?」という客観的な視点をもって面談を実施しています。 ですから、過度にかしこまったり、緊張したりする必要はありませんが、あくまでビジネスシーンで通用する最低限のコミュニケーション・態度で面談に臨んでいただければと思います。

下記、一般的に控えたほうがよいとされるコミュニケーション・態度例です。

本音ではない発言をすること

キャリアカウンセリングの内容は当然ながら、選考要素は一切ありません。 貴方が将来叶えたいことや、転職の希望などを担当キャリアアドバイザーに率直にお話しください。


不平不満を言いすぎること

転職理由などを話すうちに、前職や現職への不平不満ばかりになるのは、控えましょう。 希望条件や叶えたいビジネスパーソン像を優先して伝えるようにしましょう。


経歴詐称や虚偽の情報を伝える

経歴詐称は信頼関係を深く傷つけます。詐称や虚偽があった場合には、サービスの継続をお断りすることや、企業から内定が取り消されることがありますのでご留意ください。


ビジネスパーソンとして不適切な振る舞い

無断遅刻や無断キャンセル、社会人として不適切な言葉遣い、転職活動を自分ごとと捉えずアドバイザーに任せきりにする、といった振る舞いは控えましょう。 ご自身のための転職活動です。上記のような行動によって、自らの可能性を狭めるのはやめましょう。


面談の事前準備(持ち物・時間帯・場所・服装)

  • 転職エージェントの面談に必要な持ち物

    必要な持ち物

    • ◆職務経歴書(簡易なものでOK)
    • ◆筆記用具
    これまでに経験した職務内容や実績をまとめたものをお持ちください。箇条書き程度でも結構です。また、名刺のご用意は不要です。
    職務経歴書の書き方マニュアル【完全版】
  • type転職エージェントの面談の服装について

    面談時の服装

    面談にお越しいただく際の服装は自由です。 スーツでもカジュアルな服装(私服)で全く問題ありません。そのまま普段通りのスタイルでお越しください。
    面談時の服装について
  • type転職エージェントの面談の時間帯について

    面談の時間帯

    毎週月~土曜日(祝日除く)
    10:00 ~ 19:30 スタートまで
    所要時間 30 分 ~ 90 分 ※土曜日の面談は予約が混み合うことが多く、また、キャリアアドバイザーの担当領域によっては調整できない場合があります。
  • type転職エージェントの面談の場所について

    面談の場所

    弊社オフィス(東京メトロ「赤坂見附」駅 徒歩1分)までお越しください。遠方にお住まいの方には、電話での面談も承っております。キャリアアドバイザーの状況によっては電話面談でのご案内となる場合がございます。
    面談場所の詳細

面談の流れと内容

Step1

転職を考えたきっかけや現状の確認

面談ではまず転職しようと考えたきっかけをお聞きします。転職エージェントに登録し、面談に出向いてくださったということは、すでに転職活動における第一歩を踏み出したということ。行動を起こしたからには、そこには何らかの思いや意志があるはずです。それを率直にお聞かせください。現職に対する不満や悩みなど、一般的にはネガティブとされることでも遠慮なくお話しいただいて構いません。

Step2

これまでの経歴や職歴の確認

転職を考えたきっかけと合わせて、過去から現在までの職歴や仕事内容を伺います。転職を考えたきっかけをお聞きする中で、過去に経験した業務や実績、担当した役割などについて、より詳しくヒアリングを行います。

また、職歴を詳しくお聞きしながら、キャリアアドバイザーがあなたの「強み・弱み」や「得意なこと・苦手なこと」といった個性や特徴を把握していきます。客観的にお話を伺うことで、あなたが気づいていない強みや企業から高く評価される経験・スキルが明らかになることも多く、客観的な視点からご自分のキャリアの棚卸しができます。

Step3

目指すキャリアの共有

あなたが目指すキャリアを掘り下げていきます。転職先で実現したいと思っていることや希望する業界や職種、担当したい仕事や役割などを詳しく伺って、キャリアビジョンを共有します。

今後のキャリアについてまだ漠然としたイメージしか持っていないという場合も心配はいりません。実際に、面談にいらっしゃった段階ではご自分の今後のキャリアに迷っている人のほうが多いので、その悩みや不安を率直にお聞かせください。

Step4

転職先に希望する条件の確認

年収や勤務地、勤務時間や休日数、福利厚生など、希望する条件をお聞きします。まずは遠慮せず、希望することがあればざっくばらんに何でもお話しいただいて構いません。

お聞きした希望条件の中で「絶対に譲れない条件」と「必要に応じて妥協してもいい条件」を整理しながら、「自分は何を優先して応募先を決めるのか」を、キャリアアドバイザーと一緒に考えていきましょう。

また、あなたの転職活動が最も良い形で円滑に進められるようにするため、他の転職エージェントや転職サイトなどの利用有無や選考状況についてもお聞きします。

面接・選考

Step5

求人案件のご紹介

これまでお聞きしたキャリアビジョンや希望条件、強みや得意分野を加味して、あなたにマッチした求人案件をご紹介します。

もちろんこれはあくまでご提案であって、採用選考への応募を強制するものではありません。「この求人は自分に合っていると思う」でも、「この条件は自分のイメージと少し違っている」など、ご意見をいただきながら、よりあなたにマッチした求人を探していきましょう。

面談当日のポイント

面談の事前準備、流れを理解したところで、面談の時間がより有益になるような面談当日のポイントをご紹介します。

面談の目的や目標を決めておく

転職をするか悩んでいる、求人を紹介してほしい、面接が上手くいかず悩んでいるなど、面談で知りたいことや聞きたいことはお一人おひとり異なります。面談のゴールを自分なりに設定しておくと、より有意義な時間になります。聞きたいことや相談したいことをキャリアアドバイザーに最初に伝えていただくと、ご希望に沿ったご提案につながります。

キャリアドバイザーに伝えるべきこと

キャリアアドバイザーに「どこまで伝えたらいいのか」「何を話したらいいのか」と考えてしまうかもしれません。面談はあなたを知るための場です。悩んでいること、困っていることなどありのままにお話しください。資格取得や自己学習など実績づくりに向けた努力も職務経歴書に記載できるアピール材料ですので、キャリアアドバイザーにお伝えください。

転職活動の悩みを相談しよう

「職務経歴書の添削をしてほしい」「面接が苦手なので対策をしてほしい」「転職理由が上手く伝えられない」など、選考に関するお悩みがございましたら、ぜひ面談の場でお伝えください。「転職理由の伝え方がわからない」「志望動機がまとまらない」などのお悩みも、面接でお話しいただけるようにキャリアアドバイザーが一緒に考えていきます。

遅刻しそうな時・キャンセルしたい時

万が一、ご都合が悪くなられた場合は、事前に面談のご案内に記載しております連絡先に、お電話をお願いいたします。遅刻しそうな場合も同様にお電話でのご連絡をお願いいたします。

面談後の流れ

転職活動を進めていくと、最初のご面談からご希望や考えが変わることもございます。最初の面談が全てではございませんので、都度キャリアアドバイザーにご相談ください。面談後の流れをご紹介します。

求人のご提案

面談後は、カウンセリングでお伺いしたご希望やご経歴から、あなたに最適な求人をご紹介いたします。面談中に求人を紹介させていただくこともございます。ご紹介した求人に応募をするかご確認いただきます。「この求人は自分のイメージと違う」「こういう求人が気になる」などご意見をいただきながら転職活動を進めていきます。

書類作成・応募・推薦

応募したい求人がありましたら、求人の応募手続きをキャリアアドバイザーが行います。求人の応募の際に、あなたの「強み」を印象付ける「推薦状」を企業に提出します。 応募に必要な職務経歴書など応募書類の作成のサポートもいたしますので、ご安心ください。

面接・選考

面接日程などの調整はキャリアアドバイザーが行うので、複数社の選考が同時進行となっても面倒なスケジュール調整は必要ありません。模擬面接などの面接対策も行っています。

内定・入社

内定をもらったあとも入社までサポートいたします。現職を円満退職するためのコツや入社日の調整など、キャリアアドバイザーにご相談ください。

転職エージェントサービスをもっと知る

オススメの転職ノウハウ

セミナー・相談会・イベントを探す

一覧を見る
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料