キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?

掲載日 : 2021.02.10最終更新日 :2021.02.10

キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?

「今の仕事は本当に自分に向いているのだろうか」「転職したいが自分に合う会社の選び方がわからない」など、仕事や将来について悩みや不安を感じることは誰にでもあります。そんなときは一人で抱えこまず、第三者に相談するのがお勧めです。キャリアについて相談できる機関や窓口はたくさんあり、専門知識や就職・転職に関する豊富な情報を持った人材が、あなたの悩みや不安を解決するための手助けをしてくれます。
そこで本記事では、キャリア相談の種類や方法、利用するメリット、キャリア相談をするときの注意点などを詳しく解説します。

この記事の監修者
監修者の堀 琴絵

堀 琴絵キャリアアドバイザー部 課長

接客がしたいという思いから、新卒でアパレル業界に入社。販売職に5年半従事した。ビジネススーツ・礼服などの販売を経験し「お客様にとって大事な場面で活躍する衣服の販売」という仕事にやりがいを感じていたため、より介在価値が大きく、ヒアリング力・提案力が求められる仕事に挑戦したいと思いtype転職エージェントのキャリアアドバイザーへの転職を決意。

キャリア相談とは

キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?-type転職エージェント

そもそも「キャリア」とは、経歴や経験のことを指します。厚生労働省によると「キャリアとは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すもの」と定義されています。

この概念を前提として、個人が職業能力を形成していくことを「キャリア形成」と言います。このキャリア形成を支援するのが、キャリアカウンセリングやキャリアコンサルティングといった「キャリア相談」です。

キャリア相談では、キャリアに関する知識やキャリア形成支援の経験を有する第三者が、職業選択や能力開発などの相談やアドバイスを行います。「自分の適職は何か」「今の経験を活かしてキャリアアップするにはどうすればいいか」「思い描いているキャリアプランが適切か」など、仕事やキャリアに関するさまざまな相談に応じて、その人のキャリア形成がうまくいくようにサポートします。

キャリア相談の方法

キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?-type転職エージェント

キャリア相談は幅広い分野で行われています。学校、就労支援センター、行政機関、人材紹介会社など、キャリア相談を実施しているところは多岐に渡ります。

キャリア相談には、無料の場合と有料の場合があります。ハローワークや各自治体が運営する就労支援センターなどの公的機関は無料で相談できることが知られていますが、民間企業でも無料相談を行なっているケースがあります。例えば転職エージェントの多くは、キャリアアドバイザーによる相談を無料で行っています。

転職エージェントのキャリア相談は求人紹介のアドバイスをするだけだと思われがちですが、実際にはキャリア全般について幅広く相談に応じています。相談者がこれまでのキャリアを棚卸しして自分の強みや適性を理解したり、目指す将来像や今後の目標を明確にしたり、その目標を実現するためには具体的に何をすべきかについて情報を提供したりと、さまざまな形でサポートを行います。

また転職するかどうか以前に、「今の仕事を続けていいのか」「もしかしたら現職の他にも自分に合う仕事があるのだろうか」といった将来への漠然とした不安を相談することも可能です。

なお公的機関でも利用できる年齢に上限がある場合や、NPO法人のように公共性が高いように思える機関でも、無料で相談できるのは1度だけと回数制限を設けていたりする場合があります。キャリア相談を利用する際は、それぞれの機関の特徴や利用条件を確認し、自分が本当に必要とする支援を受けられるか確認してから申し込みましょう。

キャリアカウンセリングとは

働き方や現在の仕事内容、目指す将来像など、キャリアに関する悩みや課題に対し、幅広くアドバイスを行います。学生に対して進学や就職の助言をしたり、社会人に対して転職のサポートをするだけでなく、時にはワーク・ライフ・バランスの取り方など、プライベートも含めたキャリア形成についてアドバイスをすることもあります。

このように、ひと口にキャリアカウンセリングといっても、相談者がおかれている状況やキャリア形成に求めるもの、仕事に対する価値観や志向性などによって、扱う相談内容は千差万別です。相談を受ける第三者は、相談者の話を丁寧にヒアリングし、カウンセリングを通じてその人の適性を見極めて、一人一人に合ったアドバイスを行います。

キャリアコンサルティングとは

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタントが、相談者が抱える課題に対して解決策を提示します。「キャリアコンサルタント」は国家資格であり、厚生労働省によると、「キャリアコンサルティングとは、労働者の職業選択、職業生活設計または職業能力の開発および向上に関する相談に応じ、助言および指導を行うこと」とされています。

キャリア相談を行なうという点ではキャリアカウンセリングと同じですが、キャリアカウンセリングが学生や転職者への進学・就職の支援を行うのに対し、キャリアコンサルティングは職業指導や職業紹介の意味合いがより強くなるという違いがあります。

キャリアカウンセリングを受けるメリット

キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?-type転職エージェント

転職エージェントでキャリアカウンセリングを受ける最大のメリットは、第三者に相談することで、自己理解を深められる点です。仕事やキャリアの悩みを自分一人で解決するのは難しいもの。人に自分の気持ちや考えを話し、それに対して相手からフィードバックをもらうことで、自分では気付かなかった強みを発見したり、これまでのキャリアを客観的に棚卸しすることができます。

また過去の振り返りだけでなく、将来のキャリアプランの描き方や転職活動の進め方など、目指すキャリアを実現するためにこれから何をすればいいかについても、有益な情報を得られます。

転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けると、職種や業界、企業に関する詳しい情報を提供してもらえるのも大きなメリットです。

インターネットやSNS上で収集できる情報は、発信者によって偏りがあったり、一部の事実を全体のことであるかのように誇張して伝えるものも多く見られます。それに対し、転職エージェントは多くの企業とつながりを持ち、常に最新の求人動向や企業が求める人材像、その業界や企業に転職したらどのようなキャリアが拓けるのかなど、現実に即した情報を豊富に持っています。転職エージェントでキャリアカウンセリングを受ければ、正確な情報に基づいて職業理解を深めることが可能です。

転職エージェントは多数の転職者を支援しているので、自分と同じ年齢や職種、業界・業種の転職事例を教えてもらうこともできます。先に転職した人たちの成功事例を知ることは、企業選びや面接対策をする上で非常に参考になります。

さらには、職務経歴書の添削や模擬面接など、選考の通過率を高めるための実践的なアドバイスやサポートを受けられるのも、相談者にとって心強い点です。

キャリア相談をするには

転職エージェントのキャリア相談は、キャリアアドバイザーが面談を行い、プロの視点から相談者の転職に対する考えや気持ちを理解した上で、今後のキャリアプランや会社選びの方向性を客観的に整理します。それにより、相談者の希望に合った求人を提案することが可能になります。

転職エージェントの多くは、無料でキャリア相談を行なっています。まずは転職エージェントのサービスに登録してから、キャリアアドバイザーと面談を行なうのが一般的な流れです。キャリアについて相談したい人なら、誰でも転職エージェントを利用することができます。

転職先選びのアドバイスだけでなく、「そもそも転職をすべきかどうか悩んでいる」「今後のキャリアに不安を感じる」「自分にはどのような仕事が向いているかわからない」といった漠然とした悩みや不安を相談することも可能です。

転職エージェントに相談したからといって、必ずしも転職しなければいけないわけではありません。現在の会社で働き続けることがその人にとってより良いキャリア形成につながるのであれば、転職を勧めないケースもあります。転職を強制されることはありませんので、安心して相談しましょう。

キャリアカウンセリングを受ける流れ

type転職エージェントでは、次のような流れでキャリアカウンセリングを行います。

①転職を考えたきっかけを聞く

現職に対する悩みや不満、将来に対する不安など、転職を考えた動機を伺います。

②これまでの経歴や仕事内容などを確認する

担当した業務や実績、役割などをヒアリングし、キャリアの棚卸しを行なって、相談者の強みや企業から高く評価される経験・スキルなどを客観的な視点から把握します。

③キャリアビジョンを明確にする

転職先で実現したいことや、希望する業界・職種・仕事内容など伺い、今後のキャリアビジョンを明確にします。この段階ではキャリアについて迷っている人も多いので、最初から将来像がはっきりしていなくても大丈夫です。キャリアアドバイザーがカウンセリングを通じて、今後目指したいキャリアが明確になるようサポートします。

④転職先の条件を確認する

年収や勤務地(転勤の有無)、勤務時間、仕事内容など、転職先に希望する具体的な条件を確認します。そのなかで絶対に譲れない条件は何か、できたら叶えたいと思っている条件は何かを確認し、優先順位を整理します。

⑤カウンセリングの内容を踏まえて、求人案件を紹介する

キャリアビジョンや希望条件に、相談者の強みや得意分野を加味して、本人にマッチした求人案件を紹介します。もし提案された求人が自分のイメージに合わなければ、そのことをキャリアアドバイザーに率直に伝えて構いません。意見のやりとりを重ねることで、より自分に合った求人に出会える可能性が高まります。

キャリア相談をするときの注意点

キャリアの相談はどこがいい? 相談のメリットは?-type転職エージェント

キャリア相談をするときの注意点① ~本音で話す

相談者に合った適切なアドバイスをするには、その人が置かれた状況を正確に知ることが必要です。仕事やキャリアの悩みを解決するために、カウンセリングでは正直な気持ちを話しましょう。

カウンセリングで聞いた情報は、すべて企業に伝えるわけではありません。どの情報を企業に伝えるかは、必ず事前に本人の了承をとりますので安心してください。また、キャリアカウンセリングは面接ではないので、「こんなことを言ったらおかしいと思われないだろうか」といった心配も無用です。

本音ではない情報をもとに求人を紹介されても、自分の希望に合う転職先には出会えません。自分の将来を左右する大事な転職活動を成功させるために、ぜひ率直な考えや意見を話すことを心がけてください。

キャリア相談をするときの注意点② ~不平不満を言いすぎない

ポジティブな転職理由ばかりではありませんから、ネガティブな内容も率直に伝えて構いません。ただし前職や現職への不平不満ばかりになると、将来に向けて前向きな解決策を提示しにくくなるのも事実です。

キャリアカウンセリングは愚痴を言う場ではなく、現状の悩みや問題を解決するための有意義な機会だと捉えましょう。

キャリア相談をするときの注意点③ ~経歴詐称や虚偽の情報を伝えない

経歴詐称はキャリアアドバイザーとの信頼関係を深く傷つけます。虚偽の情報が発覚すると、企業から内定を取り消しされることもあります。経歴については、必ず正確な事実に基づいて話してください。

迷ったらキャリアアドバイザーへ相談

「転職活動の進め方がわからない」「自分の強みの整理やスキルの棚卸しについてアドバイスをもらいたい」など、転職活動を行う上で不安や悩みは尽きないもの。そんなときは、ぜひ転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談してください。

type転職エージェントでは、自分一人では得られない有益な情報や具体的な転職活動の進め方について、あらゆる情報を提供します。一人のキャリアアドバイザーが担当する相談者を少数に絞っているので、目の前の相手に対してより親身に転職をサポートできます。

本人に意図や目的に沿わない転職を無理に勧めるようなことは決してありません。転職をするか、しないかの前に、その人にとってベストなキャリア形成について一緒に考え、それを実現するためにお手伝いをするのがキャリアアドバイザーの役割です。

「キャリアカウンセリングに興味はあるが、受けるかどうか迷っている」という人は、ぜひ一度気軽な気持ちで、type転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

まとめ

キャリアの相談はさまざまなところで行われ、無料で相談できるところも多くあります。キャリアや仕事の悩み、転職活動についての相談などをすることで、自身では気が付かなかった適性や強み、職種や業界の知識などを教えてもらうことができます。一人で悩まずにキャリアのプロに相談してみることをお勧めします。

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

合わせて読みたい転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料