24歳で転職は早すぎる?メリット・デメリットや未経験転職のコツを解説

最終更新日 :2024.07.09

24歳で転職は早すぎる?メリット・デメリットや未経験転職のコツを解説

今の会社に将来性を感じられなかったり、スキルアップが望めず転職を検討している24歳の方もいるのではないでしょうか?

しかし、同時に「24歳という年齢で転職は早すぎるかも?」と、不安に感じている方も多いです。本当に24歳の転職は早すぎるのでしょうか?

今回は、転職を検討している24歳の方に向けて、24歳の転職が早いかどうか、メリットデメリット、転職成功のコツなどを解説します。

この記事の監修者
監修者の髙橋 透

髙橋 透キャリアアドバイザー部 課長

前職は、大手飲食店にて店長(店舗運営、マネジメント、採用、教育)を経験。全国トップクラスの売上実績を挙げる。人材育成、採用を行う中で組織に人を送り込むことに面白さを感じたこと、自身の強みをフルに活かすことが出来る仕事だと感じたことから転職を決意。type転職エージェントのキャリアアドバイザーとなる。 監修者プロフィールを詳しく見る >>

【結論】24歳の転職が早すぎることはない

【結論】24歳の転職が早すぎることはない-type転職エージェント

結論、24歳の転職が早すぎることはありません。以前は、「とりあえず3年働く」という考え方もありましたが、最近では「入社前のイメージと違った」「自分には○○の仕事は合っていない」と感じ、3年も経たずに転職に行動を移す方が増えてきています。

実際に、type転職エージェントでもこれまでに多くの24歳の方にご利用をいただき、転職支援を行ってきました。24歳は、ポテンシャルを評価されやすい「第二新卒」枠にも該当するため、業界や職種によっては企業ニーズも高いです。

そのため、24歳での転職が早すぎるといったことはなく、むしろ早めに行動に移せば、その後のキャリアに良い影響を及ぼす可能性は高いといえます。

24歳が転職を考えるきっかけや悩み

実際にtype転職エージェントの転職相談で上がった、24歳の方が転職を考えるきっかけや悩みの一例をご紹介します。

  • 【給料・昇進】
  • ・ボーナスがないから
  • ・給料の天井が見えてしまったから
  • ・実績を出しても給料やボーナスが増えなかったら
  • ・ポジションが埋まっており、昇進のチャンスがないから
  • 【将来性】
  • ・どんどん人が辞めていて、業務負担が増えているから
  • ・商材の将来性を感じられないから
  • ・アナログ文化が根強く、将来性に不安を感じたから
  • ・業界が衰退しているから
  • 【ミスマッチ】
  • ・新規獲得営業に疲れたから
  • ・配属希望が通らなかった
  • ・同僚と比較して、自分にこの仕事は向いていないかもと思ったから
  • ・残業時間が多く、精神的負担が大きいから
  • ・ルーティンワークに飽きてしまったから
  • ・今の職種以外で働いてみたいから

さまざまな理由がありますが「給料・昇進」「将来性」「ミスマッチ」などに対する不満や不安が、24歳で転職を考えるきっかけになりやすいようです。

24歳で転職するメリット

24歳で転職するメリット-type転職エージェント

ここからは24歳で転職するメリットを解説します。「転職するか悩んでいる」という24歳の方は、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒枠に入れる

前述したように、24歳は第二新卒枠に該当します。第二新卒という言葉は、「新卒で入社して3年以内の求職者」という意味で使われることが多いです。

少子高齢化により、これからの若年層の働き手の減少は避けられないと考えられています。そのため、企業は「できるだけ多くの若手人材を獲得しておこう」と考え、第二新卒を積極的に採用しているのです。とくに、ベンチャー企業やスタートアップ企業は採用意欲が高く、なかでも市場の勢いがあるIT業界は積極的に第二新卒採用を行っているケースが多いです。

また、ネームバリューなどが原因で大手企業に苦戦し、新卒採用が計画通りに行かなかった中小企業も、第二新卒採用を行っています。求人の条件を「第二新卒歓迎」に絞れば、転職成功確率の高い企業を見つけられるでしょう。

未経験の仕事にチャレンジしやすい

24歳に限らずですが、20代はポテンシャル採用ができる可能性が高いです。企業は、入社後の育成や、自社の文化になじめるかを考えた際に、20代前半〜半ばまでの若手人材が最適と考えています。

未経験転職ができるのは、20代のうちです。30代以降は、即戦力としての成果を求められるようになるため、異業種にチャレンジするのは非常にハードルが高くなってしまいます。

就職活動の際に「行きたかった業界や職種がある」といった方は、この機会に未経験転職にチャレンジしてみましょう。

転職に失敗してもやり直しやすい

24歳は社会人として若く、転職ニーズの高い20代の残り期間もまだまだあるため、万が一転職に失敗したとしても、再び転職できるチャンスがあります。他の20代や、30代よりも気軽に転職できるのがメリットでしょう。

とはいえ、安易に転職するのはおすすめできません。転職回数が多すぎたり、在籍期間が極端に短いと「長期就業できない理由があるのかな」と採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうからです。

「何回も転職できるから大丈夫」と、次の転職を前提に考えるのではなく「もしこの転職に失敗しても、まだチャンスはあるから大丈夫」と考えることが大切です。

24歳で転職するデメリット

24歳で転職するデメリット-type転職エージェント

24歳で転職するメリットがある一方、デメリットもあります。ここからは24歳で転職するデメリットを解説します。メリット・デメリット、両方理解したうえで、転職するか判断しましょう。

スキルや経歴重視の求人だと応募できない

24歳はスキルやキャリアが他の社会人と比較しても浅いです。そのため、スキルや経歴重視の求人だと、募集要項にある条件を満たせず、応募すらできないこともあります。

とくに、専門性の高いエンジニア職やクリエイター、マーケティング職などは「○○の実務経験がある」「○○の経験が何年以上」といった条件が設けられていることがほとんどです。

このような求人は、給料や待遇などの条件が良く、魅力的ではありますが、それ相応のスキルや経歴を求められるので気を付けましょう。

早期退職を懸念されやすい

冒頭で「24歳で転職するケースはある」とお伝えしましたが、それでも他の年齢の転職と比較すると早い転職にはなります。

そのため、企業の採用担当者によっては「入社してもまた転職してしまうのでは?」と不安視される可能性もゼロではありません。ただ、転職理由がきちんとしたものであれば、そこまで選考に影響はないでしょう。

24歳の転職で失敗しやすい人の特徴

24歳の転職で失敗しやすい人の特徴-type転職エージェント

24歳は企業ニーズが高く転職が成功しやすいといわれていますが、中には転職を失敗してしまう人も一定数いらっしゃいます。ここからは24歳の転職で失敗しやすい人の特徴を解説します。

自己分析をしていない

自己分析をしないまま、適当な求人に手あたり次第に応募してしまい、転職後に後悔してしまう方が多いです。

自己分析とは、自身のスキルや、やりたいことなどを深堀して整理することです。自己分析を行うことで、自分の強みや転職の希望条件が明確になり、マッチしている求人を選びやすくなります。しかし、自己分析を行わないと、なにを基準に応募先を選んでいいかの軸がなく、ミスマッチな企業に転職してしまう可能性が高まるのです。

とくに24歳は、社会人経験も少ないので、自身のスキルを見つけにくいです。

キャリアについて考えていない

キャリアプランがきちんと描けていないと、「なんとなく」で転職先を選んでしまいます。

【よくある転職失敗例】

  • ・管理職に就きたいと思っていたが、今の会社ではポジションが空いておらず難しそう
  • ・スペシャリストになりたいのに、制度上マネジメント職しかなかった
  • ・管理職に出世するには、最低でも〇年以上の海外赴任経験が必要だった

上記のように、目指したい将来像があったのにもかかわらず、それを実現させるために必要な環境やプロセスを知らなかったことで、入社してから後悔してしまうのです。

もしキャリアプランがしっかり考えられていたら、自分が選ぶべき企業の特徴や、逆に避けた方が良い企業の特徴などが明確になり、求人選びで失敗しなかったでしょう。

とくに転職経験がない方は、他社でのキャリア形成がイメージしにくいので、注意が必要です。

企業や業界研究を怠っている

企業や業界研究を怠り、応募企業についてきちんと知らないまま選考に進んでしまうと、志望動機に納得感が生まれず、選考がなかなか通過しません。

たとえ、選考通過できて内定を貰えたとしても、「実は評価制度があやふやだった」「常に自己研鑽が必要」「実は業界の雲行きが怪しく、将来性が不安」と、後悔してしまうケースが多いです。

年収しか気にしていない

「転職で年収アップしたい」と希望される求職者の方は多いですが、その条件だけに気を取られてしまうと、入社後に後悔してしまいます。

たとえば、福利厚生やワークライフバランス、社風など働くうえで大事な条件は意外と多いですよね。「年収さえ上がれば、他の条件は気にならない」という方であれば、問題はありませんが、そうでない方がほとんどだと思います。

また、想定年収が高いけど「残業代が加算されている」「インセンティブの影響が大きかった」など、入社後の働き方によっては想定年収を実現できないというケースもあります。

24歳の転職を成功させるポイント

24歳の転職を成功させるポイント-type転職エージェント

前述した「24歳の転職で失敗しやすい人の特徴」をもとに、どうすれば24歳の転職を成功させられるか、ポイントを解説していきます。

キャリアプランを考えてみる

まずはキャリアプランを考えてみましょう。「これからの人生でどのような仕事をしていきたいか」を考えることで、目標に向かっての行動も立てやすくなります。

とくに24歳は、社会人2年目でまだまだ若いです。今のうちにキャリアを考えておけば、「30代以降で○○業界の管理職になるには、20代半ばまでには転職して経験を積んだ方が良い」と逆算して行動ができるようになります。

一方で、キャリアプランが定まっていないと「なんとなく」で日々の業務に取り組んだり転職タイミングを逃してしまい、気づいたら身動きが取りづらい年代になっているということも……。また、年を重ねると「結婚」「出産」「育児」「介護」など、プライベートでも大きな転機が訪れやすくなります。そのタイミングでは、キャリアについて考えることや行動に移すことも難しくなってしまい、キャリア実現の難易度はさらに高まるでしょう。

キャリアを効率良く実現するには、なるべく早い段階でキャリアプランを明確にさせておいた方が良いのです。またキャリアプランは、選考でもよく聞かれる質問の一つです。きちんと考えておけば採用担当者にも好印象を持ってもらえるでしょう。

関連記事:【20代向け】キャリアを考えるメリットとおすすめの相談先を解説

自己分析を行う

前述したように、自己分析をしないと自分の強みが分からず、求人選びにブレが生じてしまいます。自己分析をして、「自分はなにができるのか」「仕事でなにを実現したいのか」いろいろ深堀してみましょう。

ただ、24歳の場合社会人経験も1年程なため、自己分析をしてみても「なにが自分の強みなのか分からない」「スキルがない」と悩む方も多いと思います。その場合は、転職エージェントに聞いてみるのも一つの手です。転職エージェントは、キャリアカウンセリングの中で、求職者のこれまでの仕事内容やスキルを丁寧にヒアリングし、整理をしてくれます。業界に精通している転職エージェントだからこそ、自分では気づけていなかった強みや市場価値を見つけ出してくれるでしょう。

なぜ転職したいと思ったのか整理する

転職活動を行う前には、「なぜ転職したいと思ったのか」その理由を整理しましょう。転職するからには、新しい会社で長く働きたいと思う方も多いはず。ただ、明確な理由がないまま転職をしてしまうと、なかなか安定せず転職を繰り返してしまうことがあります。いくら20代が企業ニーズが高いとはいえ、短期離職が多いと、採用担当者は「なにか問題があるのか」「採用してもすぐ辞めてしまうのでは?」と警戒します。そうなると選考通過できないなどデメリットしかありません。

転職理由が明確であれば、選考に有利なだけでなく、入社後につらいことや転職を後悔しそうな時があったとしても、「○○だから自分は転職したんだ、頑張ろう」と初心に立ち返ることができます。

応募企業や業界研究を徹底する

応募する企業や、行きたい業界の情報は積極的に集めましょう。求人選びでよくあるミスが、求人票の情報だけで判断して応募をすることです。企業のHPや採用ページ、業界地図、口コミサイト、SNSなど多面的に情報収集を行うと、より自分に合った企業を選びやすくなります。

また企業情報をしっかりと把握していれば、志望動機の具体性が上がり、採用担当者に熱量を伝えられるでしょう。

転職で叶えたい優先順位を決める

転職で叶えたい、譲れない優先順位を決めましょう。求人を選んでいると、「残業時間が短い」「年収を上げたい」「フルリモートがいい」「絶対に○○職がいい」など、求める条件がどんどん増えていってしまう方も多いかもしれません。

しかし、条件が増えれば増えるほど、求人の選択肢が狭まり、マッチ度の高い求人が見つかりにくくなってしまいます。

最初からすべての条件が当てはまる企業を選ぶのではなく、転職で叶えたいことを実現するにはどの条件が優先的かを考え、それに該当する企業から、他の条件も満たせるかどうかで選んでいくのがおすすめです。

選考対策に力を入れよう

前述したように、企業は24歳の求職者に対し「採用してもすぐ辞めてしまうのでは?」と早期退職の可能性を心配することがあります。そのため、選考対策をしっかりと行い、転職理由などに納得感を持たせるのがポイントです。また、転職活動前に考えたキャリアプランをもとに話すと、「キャリアをしっかりと考えたうえでの転職」と採用担当者に好印象を与えられるかもしれません。

就職活動の時と違って転職活動は職務経歴書が重要になるため、作りこむ必要があります。とくに、24歳は社会人としてのキャリアが浅いため、職務経歴書の作成は難しいです。その場合は、職務経歴書の添削をしてくれる転職エージェントに相談してみましょう。

関連記事:転職エージェントの応募書類添削(履歴書・職務経歴書)とは?受けるメリットを解説

転職エージェントを利用する

これまでに「24歳で転職を成功させるポイント」を紹介してきました。24歳は社会人経験も浅く、自分の強みや市場価値が把握しにくかったり、選考のポイントも知らないので、転職活動をすべて一人で行うのは非常に大変です。

しかし、転職のプロである転職エージェントなら、転職活動におけるあらゆるフェーズをサポートしてくれます。転職エージェントとは、求人企業と求職者双方の希望を把握して、両社にとって最適なマッチングを提供するサービスです。

転職エージェントの主なサポート内容は以下の通りです。

  • ・キャリアカウンセリング(面談)
  • ・スキルの棚卸
  • ・求人紹介
  • ・応募書類の添削
  • ・面接対策
  • ・求人の応募や企業との日程調整の代行

サービスは完全無料で利用でき、途中でサービス利用を止めたとしても、違約金が発生することもないので安心です。転職エージェントは複数のサービスを同時利用できるので、自分に合ったサービスが見つかるまで2、3社併用してみるのも良いかもしれません。ただ、選考が進んでくると、転職エージェントとのやり取りなどが大量になってしまうので、最終的には1社に絞ることをおすすめします。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

内部リンク:転職エージェントを利用するメリット!デメリットも知って徹底検討

24歳の転職でよくある質問

24歳で転職回数2回は多いですか?

結論、多いです。転職回数が2回だから不採用になることはありませんが、選考では在籍期間が短い理由を聞かれる可能性が非常に高いです。

なぜ転職したのか、きちんと納得感を持たせた回答を用意しておきましょう。

最終学歴は高卒ですが転職できますか?

もちろん、可能です。転職は学歴よりも経歴が重要視されます。社会人で実績を出していて 、それを適切にアピールできれば、十分転職できる可能性はあります。

24歳女性ならではの転職のポイントはありますか?

女性が働きやすい環境が整っている企業や、女性が活躍している企業に応募してみるのも良いかもしれません。将来のキャリアやライフプランを考え、それが実現できる環境に早めに転職しておけば、安心です。

「くるみん」や「えるぼし」といった、女性の働きやすい環境が整っていると国に認められた企業が持っている認定マークが、企業選びで一つの目安になるでしょう。

参照元:くるみんマーク・プラチナくるみんマーク・トライくるみんマークについて

参照元:女性活躍推進法特集ページ(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定)

24歳でスキルなしですが転職できますか?

アピールできるスキルがないと、選考はなかなか通過しません。ただし、自分では気づいていないだけで、人にはない強みがあることも。

まずは、スキルの棚卸が得意な転職エージェントに相談してみましょう。

24歳の転職に資格は必要ですか?

24歳の転職資格は必須ではありません。ただし、エンジニア職などの専門職に未経験で転職したい場合は、資格は一つのアピールポイントになるので、取得をおすすめしています。

24歳の転職ならtype転職エージェントの利用がおすすめ

type転職エージェントは、サポート開始から25年以上で20代の転職サポートに強みを持っているのが特徴で、年間13,000人以上の20代の方とキャリアカウンセリングを行っています。

転職やキャリアに関する悩みを丁寧にヒアリングし、本人が希望するキャリアアップの実現に向けた提案やサポートをするのが、type転職エージェントの特徴です。

type転職エージェントでは「20代初めての転職相談会」を実施しています。気になる方はぜひ申し込んでみてくださいね。

type転職エージェントの転職相談を体験した24歳の口コミ・評判

「担当者のキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれて安心できた。面接練習担当の方も意見をはっきり伝えてくれて納得感があり、安心して相談したり対策できた。」
(24歳 カスタマーサポート)

「とにかく親身になってご対応してくださった印象があり、初めての転職活動でしたがとても助かりました。」
(24歳 マーケティング)

まとめ

24歳の転職が早すぎることはありません。最近では、「とりあえず3年働く」「一つの会社で勤めあげる」という従来の考え方が廃れ、会社や仕事とのミスマッチや将来性を懸念して若いうちに転職をする人が増えているのが現状です。

24歳の転職は企業ニーズの高い第二新卒枠にも該当し、未経験の仕事にもチャレンジしやすいのがメリットといえるでしょう。一方で、スキルや経歴はまだ浅い可能性が高く、求人の条件によっては応募できない可能性があることも留意する必要があります。

24歳は転職できる可能性が高いとはいえ、油断は禁物です。後悔しない転職をするためにも、事前にキャリアプランを考えたり、自己分析で自身の強みを理解しておきましょう。選考では、短期離職を懸念される場合があるので、納得感のある転職理由を考える必要があります。

転職に対して不安や悩みがある人は、積極的に転職エージェントを活用していきましょう。type転職エージェントでは、無料で転職相談を行っているので「転職を検討している」「これからのキャリアを考えたい」といった24歳の方はぜひ気軽に登録してみてくださいね。

LINE転職軸診断

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

同じジャンルの転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
転職そのあとLABO
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
求人を探す
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

無料キャリアアドバイザーに相談する