転職エージェントと直接応募はどちらが有利?

掲載日 : 2022.07.04最終更新日 :2022.07.04

転職エージェントと直接応募はどちらが有利?

転職エージェントを利用していて、「直接応募とどっちが採用されやすいのだろう?」と悩んだことはありませんか?また、転職エージェントを利用していない場合、どういったメリットがあるのか気になる方もいるでしょう。

転職の成功率を上げるためにも、それぞれの応募方法の違いについて理解することは非常に重要です。今回の記事では、それぞれのメリット・デメリットや、実際に有利になるケース・不利になるケースなども解説していきます。

この記事の監修者
監修者の石井 祐太郎

石井 祐太郎キャリアアドバイザー部 課長

住宅メーカーで戸建事業部、リフォーム事業部にて個人、法人相手の営業を経験。 様々な業界の知見を深めることができること、前職より多くの方の人生の転機に立会いサポートできることに魅力を感じ、type転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転身。転職希望者の側に立ち、未来を見据えたご支援を続けている。

直接応募が本当に有利?

転職エージェント経由で応募するケースと企業へ直接応募するケース、この2つを比べた時に「直接応募のほうが採用されやすい」と聞いたことがある方も多いかもしれません。 なぜかというと、転職エージェント経由の場合は紹介料がかかってしまうので、それなら費用のかからない直接応募の求職者を選ぶから、という理由です。
ですが、本当にそうなのでしょうか?

結論からいえば、採用率自体に大きな違いはありません。なぜなら、企業が一番重要視しているのは、応募者が自社で活躍できるスキルを持っているかどうかだからです。

当然ですが、転職エージェントを利用している企業はそのコストを見越した上で紹介を受けているため、自社に適切な人材であれば多少費用がかかってもその人材を確保することを優先します。

転職エージェントを活用したほうが良い理由

では、転職エージェントを利用した場合のメリットはなんでしょうか?
直接応募にはない利点をいくつか挙げてみましょう。

『選考対策』

転職エージェントを利用した場合、選考の対策を行ってもらえます。プロの目線から適切なアドバイスが得られるため、自力で転職するよりも成功率が上がるでしょう。

例えば、職務経歴書の書き方や、面接時のマナーや話す内容を修正してくれたり、場合によっては模擬面接を行うなどのサポートが期待できます。企業ごとの対策など、ノウハウも充実しているため安心して選考に臨むことができます。

『推薦状』

転職エージェント経由であれば、担当者から企業に向けて推薦状を書いてもらえます。 ここでいう推薦状とは応募者の人柄、魅力、長所など経歴書ではアピールできないような要素を文章化したもの。これがあることで、選考がスムーズになり、内定率も上がります。

なにより、企業側も応募者の人となりを事前に知ることができるので、たとえ学歴・経歴などの応募条件を満たしてない場合でも、この内容次第では面接の場を設けてくれる可能性が出てきます。何度も応募者とのヒアリングを重ね、多くの人材を見てきた転職エージェントの声だからこそ、企業も一度直接会ってみようと考えるケースも多いのです。

『年収交渉』

転職するにあたって、収入はとても大きなファクターです。実際に転職する理由の一番に上がるのは年収です。しかし、実際に年収交渉を応募者が行うのはハードルが高いものです。

ですが、転職エージェントを利用すれば難しい条件交渉を代行してくれます。交渉にリソースを割く必要がないので、応募者は面接だけに集中することができます。

転職エージェントには条件交渉に関するノウハウもあるため、自分で交渉を行うよりも成功率は上がるでしょう。なにより、これに関しては転職エージェント側にもメリットがあります。

実は転職エージェント側の報酬は、内定した際の年収によって決定します。年収が高ければ高いほど報酬が多くなるため、転職エージェントもできるだけ良い条件を引き出そうとするのです。 そのため、安心して交渉を任せることができるのです。

『面接日や入社日の交渉』

転職エージェントは面接日や入社日に関する交渉も行ってくれます。これらの調整は転職活動において欠かせないものですが、人によっては苦手に感じる方もいるかもしれません。なにより、担当者と連絡を取ることは、非常に気を遣う作業です。同時に複数の企業に応募している際は、並行して調整を進めなければならず、それだけで気が滅入ってしまうでしょう。

しかし、それも転職エージェントであれば心配がいりません。あらかじめ、担当エージェントに希望の条件を伝えておけば、できる限りそれに合わせた日程に調整してくれます。複数企業に応募している場合は、内定を出す時期の調整などの交渉も可能です。

『面接のフィードバック』

面接を行ったあと、振り返ってみて「あの時、ああすればよかった……」と、反省することは少なくないと思います。転職エージェント経由での面接の場合、面接が終わった後に転職エージェントが企業に連絡を取り、フィードバックを取得します。面接官が応募者に感じた印象や、評価した点・不安に思った点などといった、通常では得られない情報をすぐに確認することができます。
ここでのフィードバックを元に、二次面接に向けて対策を取ったり、仮に採用に至らなかった場合もその反省を次の企業に活かすことができます。

こうした、自分自身だけでは手に入らない第三者による視点やリソースこそが、転職エージェントを利用する最大のメリットと言えるでしょう。

転職エージェントで落ちたら直接応募でも落ちるのか?

転職エージェントを利用したが不採用になってしまった企業。しかしどうしても諦めきれず、今度は直接応募する……。このような場合、実際に採用される可能性はあるのでしょうか?

書類選考を通過して面接で落ちた場合、基本的に再度応募しても採用となる可能性はほとんどないと言ってよいでしょう。なぜなら、面接を行った上での選考であれば、採用担当者が応募者のスキルや適正を吟味して判断を行っているからです。

結果不採用となった以上、その評価を覆すことは難しいでしょう。まれに募集条件が変更となった場合は、採用に至る可能性がありますが、応募データは企業で管理されており、一度選考外となった結果は企業側に把握されているため、難しいことには変わりありません。

転職エージェントと直接応募、併用はOK?

転職エージェント経由の応募と直接応募には、それぞれ応募する企業や業界によって、向き不向きがあります。転職エージェントでしか扱っていない求人もあれば、直接応募しか受け付けていない企業もあるため、場合によっては併用も考えられます。ですが、同じ企業に対して転職エージェント経由と直接応募の両方からのアプローチは絶対にNGです。

また、複数の転職エージェントに登録していて、それぞれから同じ企業に応募してしまう、いわゆる重複応募と呼ばれるケースがあります。これもまた、企業にネガティブな印象を与えてしまい、今後の関係性に支障がでる可能性があるので避けましょう。いずれにせよ、応募した企業は自身でしっかり把握することが重要です。

最後に、転職エージェントを使った方が良いケースと、直接応募が良いケース。それぞれについて解説していきましょう。

自身のキャリアプランが決まっていない場合は、転職エージェントがおすすめです。具体的に進みたい業界や、将来のビジョンが定まっていないのであれば、まずは相談するところから始めてみましょう。プロが自分に合ったキャリアを提案してくれるので、安心して転職に臨めるはずです。

また、UIJターン転職など、地方での仕事探しをする場合も同様です。個人で地方の企業や現地の情報を集めることは困難なため、広いネットワークを持つ転職エージェントを活用しましょう。

反対に直接応募が有利なパターンはどうでしょうか。

それは、自社サイトでの募集しか行っていない場合、そして極力コストをかけたくない企業の場合です。
前者はNPOや学校法人などの公的企業や、自社サイトの求人だけで応募者数を確保できる大手企業などが挙げられます。
後者は業績がまだ安定していないベンチャー企業や、採用人数が多く紹介料がかさむ飲食業・小売業などです。それぞれ求められる人材も異なるため、自分に合った求人であるかを自身で判断し、直接応募してみると良いでしょう。

どちらの応募方法にもメリット・デメリットがあります。自身の状況や志望する企業や業界に合わせて選択するのがベストです。

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

同じジャンルの転職ノウハウ
合わせて読みたい転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
求人を探す
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

キャリアアドバイザーに相談する無料