個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説

掲載日 : 2021.08.02最終更新日 :2021.08.02

個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説

個人営業とは、その名の通り個人の顧客を対象に営業活動をする仕事です。営業未経験者でもチャレンジしやすく、実績次第で年収アップが可能な制度にしている会社も多くあります。

本記事では、個人営業の仕事内容や法人営業との違い、仕事のやりがいや厳しさ、転職に成功するポイントなどを詳しく解説します。

この記事の監修者
監修者の石井 祐太朗

石井 祐太朗キャリアアドバイザー部 課長

住宅メーカーで戸建事業部、リフォーム事業部にて個人、法人相手の営業を経験。様々な業界の知見を深めることができること、前職より多くの方の人生の転機に立会いサポートできることに魅力を感じ、type転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転身。転職希望者の側に立ち、未来を見据えたご支援を続けている。

個人営業の仕事内容

個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説-type転職エージェント

個人営業(BtoC)は個人や個人事業主、小規模企業の経営者に対してモノやサービスを売る仕事です。金融、保険、住宅、自動車、人材など、幅広い業界で多くの個人営業が活躍しています。

具体的な業務内容としては、テレアポや訪問などによる新規開拓営業や、広告やチラシなどのお問い合わせからの反響営業により顧客との接点を持ちます。その後、顧客のニーズや課題をヒアリングし、自分の担当する商品を提案して成約を目指します。基本的に交渉している相手が決裁者になるため、最初のアプローチから契約までのスパンが短いのが特徴です。

個人営業と法人営業の違い

法人営業(BtoB)は、企業や団体などの法人に対して営業を行う仕事です。交渉は窓口となる担当者と行いますが、決裁者はその上司や代表者になります。決裁者が複数いる場合もあるため、商談の期間が長くなることも多くなります。個人営業に比べて取り扱い金額が大きく、顧客の経営や業務に対して影響を与える範囲が大きいのも特徴です。

関連記事:法人営業の仕事内容と必要なスキルやキャリアパスを解説

個人営業のやりがいや厳しさ

個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説-type転職エージェント

個人営業のやりがい

商材を使った本人から直接感想をもらえたり、顧客の課題解決に貢献できたという実感を得やすいのが魅力です。営業の人柄が決め手となることも多く、「あなただから買います」と言ってもらえることもあります。受注までの期間が短いため、自分の行動が結果に結びつく達成感や手ごたえを感じる機会を得やすいのもメリットです。

また、自分の成果がそのまま報酬や昇進・昇格に直結しやすいのもやりがいにつながります。成果主義にもとづく評価制度を採用している会社では、成果次第で、若いうちに高年収やスピード出世を実現できることもあります。

個人営業の厳しさ

個人の成果が評価に直結するため、常に目標達成に向けて行動し続ける必要があります。売上目標から逆算し、「1か月に何件の受注が必要で、そのためには1週間・1日ごとに何件アポイントを取る必要があるか」といった計画を立てて、実行し続ける粘り強さが必要です。

ただし計画通りに行動しても、うまくいかないことや成果につながらないこともあるため、自分で反省や改善をしながら乗り越えていくしかありません。また個人の顧客が対象なので、相手が時間を取りやすい夜間や休日に対応をリクエストされることもあります。

個人営業に必要な経験・スキル・資格

個人営業に必要な資格はありませんが、業界によってはファイナンシャルプランナーや宅建、管理業務主任者など、業務に関連する資格があると仕事に活かせます。また車での移動が多い場合は、運転免許が必要になることもあります。

個人営業のキャリアパス

個人営業のキャリアパスとしては、「営業のプロとして現場で活躍を続ける」「管理職・マネジメントになる」「他の部門や職種へ移る」「独立・起業する」といった道があります。例えば志向性によって、次のようなキャリアパスが考えられます。

  • ・「組織を拡大したい・人材を育成したい」→チームリーダーや管理職になる
  • ・「事業効率を高めたい」→営業企画やマーケティングに異動する
  • ・「事業を新たに作りたい」→事業企画や新規事業立ち上げを担当する
  • ・「自分の営業スキルを極めたい」→営業専門職や営業スペシャリストを目指す
  • ・「営業のノウハウを外販したい」→コンサルタントに転職する、または起業して個人事業主になる

未経験から個人営業になる方法

個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説-type転職エージェント

未経験で個人営業に転職するには、仕事への意欲や必要なスキルがあることを面接でアピールしなければいけません。下記項目を話せるようにしっかり準備をしてから、面接に臨むことが大事です。

「なぜキャリアチェンジしたいのか」を明確にする

未経験の転職の場合、面接官は「なぜキャリアチェンジしたいのか」を詳しく質問します。それに対して「営業職に応募するのは、今の仕事にはない◯◯が実現できるからです」と説得力のある転職理由を答えられるように、事前に準備することが必要です。実際に面接で伝える際は、「どうしてもこの仕事がしたい」という熱意が伝わる話し方を工夫することも大事です。

応募企業や職種・業界の理解を深める

応募企業に関する情報を集めて、事前にインプットすることが転職を成功させるポイントです。企業のホームページや求人票をしっかり読み込み、競合や業界についても情報を調べましょう。企業の求める人物像やスキルを理解できれば、これまでの仕事で得た経験やスキルをどう活かせるかがわかるので、面接でもその点をアピールできます。

企業や業界・職種について理解を深めれば、ミスマッチも防げます。この会社で自分の目指すキャリアが実現できるか、自分のイメージと実際の仕事にギャップはないかなどを確認することで、入社後に「思っていたのとは違う」「こんなはずではなかった」といった状況に陥るのを避けられます。

目標達成意欲の高さを具体的に伝える

個人営業は常に成果を求められるため、面接では目標達成意欲の高さを示すことも重要です。そのためには、仕事で強い意思を持って目標達成した経験を具体的に伝えると効果的です。

事前にこれまでの仕事を振り返り、「どのような実績を出したか」「その実績を出せたのは、どのような工夫をしたからか」「その工夫をしたのはなぜか」などを掘り下げて、自分が目標を達成できた要因を整理しましょう。面接では、これらを論理立ててわかりやすく伝えることが大切です。

転職成功のポイント

個人営業の仕事内容とは?法人営業との違いや向いている人など解説-type転職エージェント

個人営業の経験者でも未経験者でも、転職に成功するための基本的なポイントは共通しています。とくに次の2点について、事前に準備しておくことが欠かせません。

①転職活動の軸を定める

面接では必ず「転職活動の軸」に関する質問をされます。「なぜ転職をするのか?」「やりたいことは何か?」「何のために会社を辞めるのか?」「なぜこの会社を志望したのか?」「将来どうなりたいのか?」といった“軸”がぶれていると、面接官を納得させることはできません。

これらの質問に答えるには、自分の考えを整理し、回答をしっかり固めておく必要があります。また転職活動の軸が定まれば、自分がどんな企業や職種に応募すればいいかも明確になるので、数多くの求人から自分に合ったものを選びやすくなります。

②面接対策を行う

面接本番を想定して、受け答えの準備や練習をすることも大事です。「転職理由」「志望動機」「キャリアプラン」「自己PR」「逆質問」などの定番質問は、回答を考えておくのはもちろん、実際に声に出して話す練習もするといいでしょう。面接では緊張でうまく話せなかったり、考えていた内容が飛んでしまったりする人も多いので、目の前に面接官がいるつもりで話す練習を繰り返せば、自信を持って本番に臨めます。

また応募企業を理解していないと答えられない質問もあるので、扱っている商材やサービス、競合となる企業について調べておくことも大切です。最近はWeb面接が主流となっているため、慣れていない人はオンラインツールを使った練習も行うことをお勧めします。

自分一人で面接対策を行うのが不安な人は、転職エージェントに相談するのも一つの方法です。type転職エージェントでは面接対策に力を入れており、想定質問の作成や模擬面接も行なっています。転職活動の準備や面接対策について疑問点や知りたいことがあれば、ぜひtype転職エージェントにご相談ください。

関連記事:志望動機の書き方・伝え方
関連記事:自己PRの例文と書き方のポイント
関連記事:Web面接(オンライン面接)徹底対策!

まとめ

個人営業は未経験者の採用も多く、営業の経験やスキルを身につけたい人にはお勧めの職種です。顧客から直接反応や感想をもらえるので、仕事のやりがいを得やすいのも魅力と言えます。営業職に興味がある人は、キャリアの選択肢の一つとして個人営業を検討してみてはいかがでしょうか。

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

合わせて読みたい転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
求人を探す
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料