SES営業はきつい?仕事内容や向いている人の特徴、未経験転職のコツを紹介

最終更新日 :2023.12.27

SES営業はきつい?仕事内容や向いている人の特徴、未経験転職のコツを紹介

将来性があると言われているIT業界に未経験でも入りやすい職種の一つとして「SES営業」が挙げられます。しかし、「SES営業はきつい」といった意見もあり、本当に転職しても大丈夫か心配な方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、SES営業に興味を持つ方に向けて、SES営業とは何か、その仕事内容や、向いている人の特徴、未経験転職のコツを紹介していきます。

この記事の監修者
監修者の石井 祐太朗

石井 祐太朗キャリアアドバイザー部 課長

住宅メーカーで戸建事業部、リフォーム事業部にて個人、法人相手の営業を経験。 様々な業界の知見を深めることができること、前職より多くの方の人生の転機に立会いサポートできることに魅力を感じ、type転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転身。転職希望者の側に立ち、未来を見据えたご支援を続けている。 監修者プロフィールを詳しく見る >>

そもそもSESとは?

SESとは、System Engineering Serviceの略称です。システムやソフトウェアの開発や保守、運用を行うITエンジニアを、労働力として企業に提供するサービスを指します。SESのエンジニアは、顧客からの依頼を受けて、企業に出向いて開発業務を行うため、客先常駐とも言われています。

IT業界は深刻な人材不足の問題を抱えており、システム開発を行いたいと思っていても実行できていない企業は非常に多いです。他にも、一時的にITエンジニアの技術力が必要といった企業もあります。そういった点で、企業の必要なタイミングでIT人材の提供を行えるSESのニーズは高く、やりがいのある仕事です。

労働力の提供という点で共通するサービスに「エンジニア派遣サービス」があります。しかし、契約形態などいくつかの違いがあります。それぞれの違いは以下の通りです。

SESとエンジニア派遣サービスの違い

また、SESは企業に対してエンジニアという労働力を提供するため、成果物などを納品することはありません。このような成果物が決まっていて、その受託開発を行う企業を「SIer(System Integrator)」と言います。SESに似ている事業がいくつかあるので注意が必要です。

SES営業とは?

SES営業とは?

SES営業とは、前述したSES企業において、企業に対して自社のエンジニアを提供する営業活動や、活動を行う人を指します。企業が叶えたい希望や、抱えている課題を聞き出し、自社で抱えているエンジニアの中から最適なITエンジニアを探して紹介をするのが主な仕事です。

SES営業の仕事内容

SES営業の仕事内容

新規取引先の開拓

さまざまな営業手法を利用して、自社サービスのニーズがある顧客を新規で開拓していくのがSESの仕事の一つです。

新規営業を行う場合、はじめに候補先の企業をリストアップします。なぜなら、むやみやたらに連絡をしてしまうと、時間が掛かってしまう恐れがあるためです。より多くの企業にアプローチするには、企業情報を確認して確度の高そうな企業から優先的に連絡するなど、効率的に行う必要があります。

リストアップが終わると、実際にアポイントを行います。SESの主な新規営業方法は以下の通りです。

  • ・テレアポ営業
  • ・メール営業
  • ・ビジネス用マッチングサービスの利用

テレアポ営業と聞くと「大変そう」と感じられる方も多いですが、多くの企業がIT人材獲得に課題を抱えており、営業電話から商談につながるケースは多いです。

商談

アポイントに成功した後は、商談に移ります。商談では、いきなりサービスの提案を行うのではなく、まずは顧客の課題やニーズ、現状を聞き出すことが大切です。これらを知ることで、需要にあった提案を行え、商談の成功率を上げられるでしょう

SES営業が商談で必要なヒアリング項目の例は以下の通りです。

  • ・抱えている課題
  • ・プロジェクトの目的
  • ・現在のシステム環境
  • ・使用言語
  • ・必要なエンジニアの数
  • ・スケジュール目安
  • ・これまで取り組んだプロジェクト例
  • ・予算
  • ・どういったエンジニアがいいか(性格や、得意領域、経験年数など)

ここできちんと認識のすり合わせをしておかないと、後々のクレームに発展する恐れもあります。ニーズにあったエンジニアを紹介できれば、顧客の満足度も向上しリピートしてくれることもあるので、商談はSES営業にとって大切な工程です。

エンジニアの紹介

商談でヒアリングした内容をもとに、自社のエンジニアの中から最適な人材をピックアップします。もし自社に条件を満たした人材がいない場合は、提携するSES企業があれば、そこに所属するエンジニアを紹介することも可能です。

フォローアップ

エンジニアが企業に常駐し始めた後も、SES営業の仕事は終わりません。エンジニアがしっかりと働けているか確認したり、常駐先で悩み事がないかなど、細やかなフォローをする必要があります。

ほかにも、エンジニアが業務上で問題などを起こした際の、企業からのクレーム対応もSES営業の仕事です。

SES営業はきつい?

前述したように「SES営業はきつい」といったイメージが世間で浸透しています。そう捉えられている主な理由は以下の通りです。

トラブル対応がある

SES営業は自社で囲っているエンジニアを、顧客に提供するサービスです。SES営業はサービスの特性上、人間同士のやり取りになるので、毎回ではありませんがトラブルは発生してしまいます。よくあるSESエンジニアに対する企業からのクレームは以下の通りです。

  • ・欠勤や遅刻などの勤怠不良
  • ・エンジニアのスキル不足
  • ・業務態度などのビジネスマナーの問題

エンジニアの監督責任はSES側にあるので、企業からのクレームはSES営業が対応します。時には、エンジニアと企業の板挟みになることもあるので、双方の意見を汲み取って納得のいく方向に持っていける調整力が無いと、SES営業の仕事は難しいかもしれません。

継続的なIT知識のアップデートが必要

SES営業の扱う商材は「エンジニア」になります。企業側の抱えるIT課題に対して、「どういうスキルを持ったエンジニアを、何人提供するか」といった提案内容を考えるには、一定のITスキルが必要です。しかしIT業界は、他の業界よりもトレンドの移り変わりが激しく、常に知識のアップデートを行わなければなりません。

前述したような、SES営業の新規開拓営業や、商談、フォローアップ以外に、IT知識のアップデートを行う必要があります。

SES営業に向いている人

SES営業に向いている人-type転職エージェント

前述したように、SES営業はきついと感じる点がいくつかあります。しかし、人によってはむしろSES営業が向いているということも。ここでは、向いている人の特徴について紹介します。ご自身に該当するものがあれば、SES営業への転職を検討してみるのをおすすめします。

精神的、身体的にストレスに強い人

SES営業にとってタフさは必要不可欠です。これは精神的、身体的両方の面で言えます。新規開拓営業や、フォローアップ、トラブル対応、自己研鑽など、業務量が多いため、時にはタスクが積み重なることがあります。そのようなピンチも乗り越えられる人でないと、SES営業を続けていくのは難しいでしょう。

下記のような経験をしたことがある人は、「タフな人」という点でSES営業に向いているかもしれません。

  • (例)飲食店の店長で、バイトの欠勤という急なトラブルに臨機応変に対応した
  • (例)人材業界の新規開拓営業で、テレアポ営業や飛び込み営業などを経験してきた
  • (例)ブライダルプランナーで、プレッシャーが大きい中、無事結婚式を成功させた
  • (例)働きながら勉強を行い、資格取得をした経験

IT業界に興味がある

前述したように、SES営業はIT知識が必要になります。そのため、日頃からIT業界の技術に興味関心があると、IT業界についての学習ハードルが低いです。また、日々進化しているIT業界のトレンドをキャッチできている人は、情報収集が得意な傾向にあり、継続した自己研鑽が必要なSES営業としての適性が高いと言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

SES営業は、顧客だけでなく自社のエンジニアや、提携している他のSES企業など、さまざまな関係者とのコミュニケーションが必須です。SES営業にとってコミュニケーション能力が活躍する場面は以下の通りです。

  • ・新規開拓営業での商談獲得
  • ・商談のヒアリングや提案
  • ・トラブル対応時の聞き取り

コミュニケーション能力は営業にとって必要不可欠です。ただ、コミュニケーション能力といっても抽象的になってしまうので、選考でアピールする際は、下記のような具体的なエピソードを話すと良いでしょう。

  • (例)職場での対立の間に立って調整を行い、解決した経験
  • (例)ビジネスコミュニティに参加して人脈形成を行った経験

SES営業は将来性がある?

IT人材不足のため、SES企業の需要は高まっています。ただし、課題も存在しています。

今後AI技術の発展により、エンジニア需要減少の可能性があります。エンジニア人材の需要が減る=SES企業の売上が減ることに直結するため、将来を楽観視できないかもしれません。

ただし、IT業界自体は、需要は高まり続けており、衰退することはまず考えられません。今後さらに人材のニーズが増えていく中で、SES営業での経験や、培った知識があれば、IT業界のさまざまなキャリアパスを選択することが可能です。SESの経験を活かしたキャリアアップ例として挙げられるのが「SIer営業」や「ITコンサルタント」です。またそこから、「管理職になる」「プレイヤーとして活躍する」など、さらにキャリアパスは存在します。

SES営業のキャリアパス例-type転職エージェント

SES業界だけに絞ってキャリアを考えるのではなく、IT業界という広い範囲でキャリアプランを設計するのであれば、未経験転職のハードルが低いSES営業でキャリアスタートを切るのは良い作戦と言えるでしょう。

SES営業は未経験でも転職できるのか

SES営業への未経験転職は可能です。多くの企業でポテンシャル採用を実施しています。現在、SES営業として働いている多くの方は、未経験でSES営業として働いています。

SES営業に未経験転職するコツ

SES営業は未経験からの挑戦が可能ですが、誰もが内定を貰えるわけではありません。選考の際は対策をきちんと行う必要があります。ここでは未経験転職を成功させるコツを紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

志望動機と転職理由に一貫性を持たせる

未経験転職の場合、採用担当者は「なぜ転職をするのか、また数ある企業の中でなぜ弊社のSES営業を未経験で志望しているのか」と、興味を持っています。そのため、転職理由と志望動機に一貫性が無いと担当者は「本当は別の理由が転職理由なのでは?」「この志望動機ならうちで長期的に働いてくれなさそう」といったマイナスな印象を与えてしまいます。

転職理由で「どうしても転職しなくてはならない(現職では叶えられない)理由」を、志望動機で「なぜこの会社なら、前職や現職では叶えられなかったことを実現できると考えたのか」を伝えられると、選考で好印象を与えられるでしょう。

転職理由と志望動機の考え方、例文について詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事:転職理由の答え方・書き方と例文を解説

関連記事:志望動機の書き方・伝え方~履歴書でも面接でも大事なポイント~

転職エージェントを利用する

ポテンシャル採用を実施している企業が多いことで、求職者は応募先の選択肢が増えます。「選択肢が多い方が良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかと思います。確かに、選択肢があるに越したことはないですが、その中から自身とマッチした求人を選ぶのは、意外と難しいです。また求人選びに失敗してしまうと、後々の転職の後悔につながってしまうので慎重になる必要があります。

そこでおすすめなのが転職エージェントの利用です。転職エージェントは、キャリアカウンセリングで分かった求職者のスキルや志向をもとに、自社で保有している求人条件とのマッチングを行います。その中で、最適と判断されたものを紹介してくれるので、自分で多数の求人から選び出す工程を削減できます。

また、最初にマッチングをしてくれているので、後々のミスマッチが発生しづらく、転職の後悔を最小限に抑えられるというのもメリットでしょう。

それ以外にも、転職エージェントは応募書類の添削や、模擬面接、企業とのやり取り代行など、転職活動のさまざまなフェーズをサポートしてくれます。サービスは無料で利用できるので、気になる方は是非登録してみてください。

関連記事:転職エージェントを利用するメリット!デメリットも知って徹底検討

SES営業についてよくある質問

SES営業になるのに必要な資格はありますか?

SES営業として働くのに必要な資格はありません。ただし、IT知識が全く無いといった方は「ITパスポート」を取得しておくと、IT業界の基礎知識が得られるので、SESの業務理解をより深められるでしょう。

まとめ

SES営業とは、システムやソフトウェアの開発や保守、運用を行うITエンジニアを、労働力として企業に提供するサービスの営業活動を指します。IT人材不足に悩んでいる企業を助けるやりがいのある仕事です。

しかし、SES営業はトラブル対応や継続的なIT知識のアップデートなど、きついと感じることもあります。タフな人や、IT業界に興味関心がないと長く働くことは難しいでしょう。

しかし、SES営業でIT業界でのキャリアをスタートすれば、SIerへ転職したりITコンサルタントに転身するなど、将来性のあるキャリアを築くことができます。

未経験転職という判断が正しいかどうかや、IT業界のキャリアプランの設計方法などについて知りたい方は、転職エージェントに相談してみましょう。

こんなことでお悩みではありませんか?

-type転職エージェント
 \ type転職エージェントが解決いたします!/ 

登録してキャリアアドバイザーに相談する

同じジャンルの転職ノウハウ
転職ノウハウ記事 転職ノウハウを一覧で見る
人気記事ランキング
転職エージェントサービスをもっと知る
セミナー・相談会・イベントを探す 一覧を見る
求人を探す
キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

無料キャリアアドバイザーに相談する