社内SEの転職特集

2015年8月10日

社内SEの転職動向

既存システムのリニューアルや、新規技術を利用した新規システム構築を行うため、採用数が増加しています。

社内SEの役割は、プロフィット部門のエンジニアなのかコスト部門のエンジニアなのかで役割が異なります。前者は、主に自社サービスに関わるプロダクト開発に近いエンジニアになるため、自ら企画・開発を行っていくため技術力を重視される傾向です。後者は、プロフィット部門を支える社内ITに関わるエンジニアで、CIO、システム企画、アプリケーション担当、インフラ担当、ヘルプデスクという役割に分かれます。また、自分たちで開発するというよりは、外部パートナーと連携して仕事を進める機会が多いため、企画から進捗管理、運用保守がメインになってきます。

採用の決め手となるポイント

社内SEに求められるスキルとして、システム予算の決済を取ったりシステムに関する進捗を経営層に報告する業務が発生してくるため、いわゆる調整・提案力が必要となります。社内外メンバーとのクロスファンクショナルチームになることがあるため、組織横断的なコミュニケーションやプロジェクトリードの経験があれば重宝されます。また、情報システム部門の規模にもよりますが、各種ベンダーのハードウェア ・ ソフトウェア製品を導入することが多いため、ある程度の技術トレンドの知識を持っておく必要があります。

社内SEの転職に強いキャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料