コンサルティング業界の転職特集

2015年6月26日

コンサルティング業界の転職動向

企業のグローバル支援に加え、ビッグデータやクラウドなど企業のデジタル支援にかかわる案件が増加しています。

戦略系からIT系まで、コンサルティング業界全体の求人倍率が非常に高くなってきているというのが現在の状況です。その大きな要因となっているのが、製造業と金融業の好調。経営戦略策定や業務改善、組織人事改革、グローバスサプライチェーンの構築といったコンサルティングのみならず、ビッグデータ・アナリティクス、クラウド、モビリティ、ソーシャルビジネスを中心とする企業のデジタル支援にかかわるプロジェクトが増加しています。コンサルタント未経験の若手ポテンシャルから業界経験者まで幅広く募集しています。

採用の決め手となるポイント

一般的には、論理思考力、コミュニケーション、プロフェッショナルマインドなどが挙がりますが、専門的なスキル・知識をPRしていただくことが重要です。現在、プロジェクトの内容は非常に広く、それに対応した各コンサルティング領域に必要なスキルや経験も多岐にわたっており、経済環境や政治動向、法改正など外部環境によっても、求められる人材も変化してきます。その為、最新の情報無しにコンサルティング業界への転職は難しいでしょう。

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料