コーポレートベンチャーキャピタル

コーポレートベンチャーキャピタルとは、事業会社が自己資金でファンドを組成し、主にベンチャー企業に出資や支援を行う活動組織(Corporate Venture Capital、CVC)。 一般的なべンチャーキャピタルでは、投資家から資金を集めキャピタルゲインを狙うが、CVVCでは、本業との事業シナジーを求めて出資することが多い。 大企業にとってはイノベーションの起爆剤として期待されている。 事例:ソフトバンク・ビジョン・ファンド(10兆規模)、NTTドコモ・ベンチャーズ(100億円規模)、ソニーイノベーションファンド(100億円規模)、リクルートインキュベーションパートナーズ(20億円規模)など。

コーポレートベンチャーキャピタルに関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料