2017年の人事・労務職の転職トレンド

type転職エージェントのキャリアアドバイザー鈴木 翔

Profile

大学卒業後、外資系IT企業にて営業職を4年間経験。より知識・提案の幅を広げ、人の人生に深く入り込んだ課題解決をしていきたいとの思いから、キャリアデザインセンターに入社。営業領域の担当を経て、現在は管理・専門領域のキャリアアドバイザーとして従事。

2017年の人事・労務職の転職市場について

人事という仕事はある程度ポータビリティが可能です。体系と構造が理解できていれば、成長段階が同じステージにある他社へ移っても通用すると言えます。ほぼ同じステージにある会社であれば、そこで起こりうる人事的課題は、必然的に似通ってくるからです。そういった意味では、これまで携わってきた事業のサイズ・ステージが大きく影響している印象があります。

人事・労務職の採用ニーズ

中堅・中小・ベンチャー企業では管理部門の人数も少ないこともあり、幅広い人事業務経験や、総務業務等を含めて対応していただける方が優遇されている傾向が見受けられます。一方、大手・上場企業になると、特定の分野に専門性をもつ、スペシャリストを求める傾向が見受けられます。

給与計算や社会保険手続き業務などは、対応していたボリュームもそうですが、定例業務を確実に実行できる経験を持ち、業務効率化やミスを防ぐ仕組み作りに貢献してきた方が、企業からのニーズが強い印象です。

人事・労務職のトレンドキーワード

最近では、人事担当者としても、経営環境の変化を常に先見性をもって正しく把握し、それに基づいて各種の施策を人事戦略として、トップに大胆に提言することが求められています。いわゆる、経営戦略と人事部門が連動する「戦略人事」の重要性です。

とある調査結果では、95.2%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに対し、戦略人事として活動できている企業はわずか25.8%である、という結果も出ています。

戦略達成のための人材確保と活用に加え、組織を強くする人材マネジメントの両方を考え、推進してきたご経験のある方などは、企業からのニーズは強い印象です。

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料

取引企業例

  • アクセンチュア株式会社のロゴ
  • 有限責任監査法人トーマツデロイト トーマツ コンサルティング合同会社のロゴ
  • 日本マイクロソフト株式会社のロゴ
  • SAPジャパン株式会社のロゴ
  • アビームコンサルティング株式会社のロゴ
  • プライスウォーターハウスクーパース株式会社のロゴ
  • デル株式会社のロゴ
  • SAS Institute Japan株式会社のロゴ
  • 株式会社NTTデータのロゴ
  • 株式会社インターネットイニシアティブのロゴ
  • みずほ情報総研株式会社のロゴ
  • 株式会社リクルートテクノロジーズのロゴ
  • サイボウズ株式会社のロゴ
  • 株式会社シマンテックのロゴ
  • レノボ・ジャパン株式会社のロゴ
  • 株式会社電通国際情報サービスのロゴ
  • 「転職支援サービス」に登録する無料