サーバ仮想化

サーバ仮想化とは、1台のサーバ(物理サーバ)を複数台の仮想的なサーバ(仮想サーバ)に分割して利用する仕組みのことである。 リソースを柔軟に割り当て、処理を自動的に分散させることができ、例えば「1台のサーバで1つのOSのみが動作する」という状況だったものが、サーバ仮想化によって「1台のサーバで複数のOSを同時に動作させる」ことが可能になる。 サーバ仮想化を実現する仮想化ソフトには、 シトリックス社が提供するXenServer、VMware社が提供するハイパーバイザーであるVMware vSphere、VMware ESX(i)、マイクロソフト社が提供するHyper-Vなどがある。

サーバ仮想化に関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料