シックスシグマ

シックスシグマとは、1980年代初めにモトローラ社が、日本企業における品質管理活動による、品質の高さの原因を究明する中で体系化した経営・品質管理手法である。 これにより、品質改善による大幅なコストダウンと収益増を実現した。 その後、ゼネラル・エレクトリック(GE)社のジャック・ウェルチが経営に導入し成功を収めたことで世間に広く知られるようになった。 シックスシグマとは、統計学で標準偏差を意味する「σ(シグマ)」が元で、100万回の作業や工程で欠陥や不良品が3,4回の頻度でしか発生しないという、極めて高レベルの品質管理を実現するという目標を追う意味で引用された。

シックスシグマに関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料