リーン・スタートアップ

リーンスタートアップとは、新規事業の立ち上げに関する方法論で、初期段階から緻密な事業計画書や収益予測を立てるよりも、仮説と検証を繰り返すことでビジネスモデルや商品・サービスを少しずつブラッシュアップしていく手法。 費用をあまりかけずに最低限のプロトタイプを作ってユーザーに使ってもらう。 そのフィードバックを反映して、売れる商品・サービスに作り変えていく。 このPDCAサイクルを素早く繰り返すことで、起業や新規事業の成功率を高めていくというもの。 もともとの起源はトヨタ生産方式で、ここ数年スタートアップ界隈の体系化した理論として登場した。

リーン・スタートアップに関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料