イノベーター理論

イノベーター理論とは、スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が提唱した、新サービスや新製品の市場への広まり方を体系化したマーケティング理論。 消費者の商品購入やサービス利用に対する態度を5つに分類。 新しい商品・サービスの購入・利用の早い順に、「イノベーター(革新者)」→「アーリーアダプター(初期採用者)」→「アーリーマジョリティ(初期追随者)」→「レイトマジョリティ(後期追随者)」→「ラガード(遅延者)」の5つの分類される。 イノベーター(2.5%)、アーリー・アダプター(13.5%)を合わせた16%の水準を超えると普及率が一気に高まるとされている。 特にメーカーなどのマーケティング担当者には、新商品の市場投入に際して利用されることが多い。

イノベーター理論に関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料