エンジェル投資家

エンジェル投資家とは、起業家のスタートアップを助ける個人投資家を指す。 創業期は、銀行や金融機関、ベンチャーキャピタルの融資を受けにくいため、こうしたエンジェル投資家が支援することがある。 多くは引退した起業家や経営者であり、人脈や経験を活かしたビジネス面のバックアップ、精神的サポートなども行われている。 単なる投資の見返りを求めるというよりも「次世代の起業家支援」という理由で投資をすることが多い。 日本で有名なエンジェル投資家としては、佐々木正氏(シャープ元社長)、伊藤穣一氏(MITメディアラボ所長)、松山大河氏(元アクセンチュア・ネットエイジ取締役)、小澤隆生氏(元楽天役員・YJキャピタルCOO)など。 最近では本田圭佑氏(サッカー選手)がエンジェル投資家として、プログラミング教育事業を手がける「ライフイズテック」に投資して話題になった。

エンジェル投資家に関する他のキーワード

キャリアアドバイザーを味方に、有利な転職を。

キャリアアドバイザーを味方に、
有利な転職を。

あなたの経験や職種に合わせて、キャリアアドバイザーが納得感のある転職を実現するお手伝いをいたします。書類の作成、面接対策、企業との交渉など、意欲的にサポートします。

「転職支援サービス」に申し込む無料