お問い合わせ番号:233014 最終確認日:2022年09月15日

金属塑性加工の技術開発(技術開発本部 機械研究所 流熱・化学研究室)

社名非公開

募集内容

職種名 金属塑性加工の技術開発(技術開発本部 機械研究所 流熱・化学研究室)
仕事内容 【室の業務内容】1. 省エネ機械・産業機械の新製品開発とそれを支える流体/電熱挙動解析制御技術の強化
        2. 化学系材料(油、樹脂等)の要素技術を応用した素材系生産技術、表面機能付与などのプロセス・製品の開発
【担当業務】化学系領域(上記の2. )のうち、金属素材製品の塑性加工における潤滑制御に関する技術開発
      (潤滑挙動の評価・解析、潤滑剤組成の考案・改良、開発技術の実機適用など)
【使用ツール】Excel、Word、PowerPoint(データ整理、資料作成)
【担当製品・分野の特徴】 自動車部材・家電部材・飲料缶などに使用される金属素材製品(鉄/アルミ/銅/チタン)の圧延・鍛造などの塑性加工工程。
             業界トップクラスの規模を有し、他社にはないオンリーワン製品に関わる設備が多い。
【仕事の魅力】 金属塑性加工に化学分野の知見を融合した研究開発は業界でも充分進んでおらず、
        自らが当分野の開拓者・第一人者となれる可能性がある。当分野での博士号取得も目指せる。
【成長できるポイント】研究所での実験室レベルの評価・開発に留まらず、大学との共同研究等を活用した潤滑機構解明などの基礎的研究から、
           関連事業部門の生産工程における開発成果の実機適用まで、幅広いスケールや観点での研究開発に一貫して携われること。
【入社後の教育・研修】・当室で保有する試験・評価装置を用いた、圧延・鍛造試験技術および潤滑性評価解析技術の習得
           ・社外で開催されるセミナー・講習会等の受講による知見・スキル習得(技術系のほか、ビジネススキル系も可)
【その他】■ローテーション:なし ■出張:年1回程度(学会参加、大学/研究機関・関連企業訪問) ■駐在:なし
募集条件 ■化学の基礎知識を生かした技術開発の実務経験
学歴 大学 大学院
雇用形態 正社員
勤務地 勤務地1 兵庫県
給与 想定年収 求人紹介時にご案内します
勤務時間 勤務時間 9:00 ~ 17:30(実働:7時間45分) フレックス有  
平均残業時間
休日・休暇 年間休日 119日
年末年始 夏季 慶弔 特別 産休 育児
有給:入社した月に応じて当該休暇年度中(4月1日~翌年3月31日まで)に付与 2カ月の試用期間終了後から利用可能 介護休業制度、福祉休暇
福利厚生 健康 厚生年金 雇用 労災 社員持株会、各種財形貯蓄制度、退職金、社宅/独身寮制度(適用条件有)、カフェテリアプラン(年間8万5千円相当)
諸手当
職種カテゴリ
業種カテゴリ

この企業の他の公開求人一覧

金属塑性加工の技術開発(技術開発本部 機械研究所 流熱・化学研究室)と近しい求人カテゴリ一覧

非公開求人80%